フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月20日 (水)

トイレにもブロカントな雰囲気を

今日は仕事の休憩中にこんなモノを作ってみました。

20101020212250

スギの板で天板と正面板をL時に張り合わせただけのモノです。

水性の塗料で塗装して、朽ちた感じを出す為に紙ヤスリでコバなどをヤスリました。

こんな感じで。

20101020212400

わざと節のある材料を使って、古びた感じを出してみました。

20101020212533

これをどうするかというと・・・ 。

これを使ってカッコいいトイレにしちゃうんです!

で、下の写真はうちのトイレに設置してある、トイレットペーパーをおく為の、ホームセンターなんかでよく売っている突っ張り棚です。

20101020212127

この突っ張り棚に会社で作ってきたL字板を乗せて、フレームやビンなんかを飾ってみると・・・ 。

20101020213226

すげーいい感じじゃないっすかーー!

こんな簡単なモノでブロカントな雰囲気が作れてしまうんです!

おもしろい!!

なんだかカミさんの趣味に、自分もどっぷりハマりそうな感じですねーー!


今日の一曲
LUKTAR-GVENDUR/Gling-Glo'

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

2010年10月19日 (火)

ブロカント

うちのカミさんはブロカントにハマっています。

というか、自由が丘の某ナチュラル家具屋で働いていたため、家具などにはかなりこだわりがあるんです。

っていうか、ブロカントってなんだよ?

なんでもブロカントとは、フランス語で古道具を意味するらしいです。

フランスでは、100年以上前のものをアンティーク、100年経っていないけど古いものをブロカントと言うみたいなんです。


で、カミさんがインテリア雑誌かなんかを読んでるときに、『このミラー欲しいんだけど、高くて買えないや〜。』って言っていたので雑誌を覗き込むと、なんと!古いミラーがもの凄い高い値で売られていました。

さすがに買ってあげられませんでした。

それから数日後。

仕事場で使わなくなって廃棄することになった、大きな額縁が出てきたんです!

こいつを逃す手はないと、さっそく手に入れ割れているところなどを補修し、そしてしっかり色を塗り直しました。

ただ色を塗り直しただけではブロカント風にはならないので、おもいきり汚しをかけて、その上から金のハイライトをのせて、最後にうっすらクリアーをかけて色塗りは終了です。

20101019222641

なかなか、いい感じでしょ!

そして注文しておいたミラーをはめ込み、完成!!

20101019222256

かなりゴージャスな感じ!

『このミラーに合う部屋にするぞーー!』と、うちの奥さんに更に火がついてしまいました。

まあ、喜んでもらえて何よりでしたね。


今日の一曲
the animals were gone/damien rice

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

2010年10月17日 (日)

どんぐり

今日は2週間に一度の実家へ孫を連れ遊びに行く日でした〜。

近くの神社に散歩に行ったのですが、境内にはどんぐりがたくさん落ちていて、うちのチビは大興奮。

そんな孫を見て、私の親父も大興奮。

孫を喜ばせるため、拾う拾う!しっかりとおじいちゃんやってました。

で、今回拾ってきたどんぐりは、この3種類。

20101017190937

個性豊かなこの3個。

まずはこの太っちょどんぐり。

20101017173215

これはクヌギのどんぐりですね。

コマやヤジロベイをよく作った思い出があります。

親父もさっそく孫に作ってあげてました〜。

ただこのクヌギのどんぐり、なかなかのくせ者なんですよね〜。

家に持ち帰り数日たつと、どんぐりから木屑のような粉がたくさんでてきて、小さな穴があいて白っぽい幼虫が顔を出してくるんですよーーー。

これはクヌギシギゾウムシの幼虫で、どんぐりを拾ってくると毎回悩まされます。

夏場はカブトムシやクワガタの採取場所として、秋はどんぐり採集。

まったくもって遊べる木です。

お次ぎはこのどんぐり。

20101017173414

公園などでもよく見かける、マテバシイです。

堅果は砲弾型で明るい薄茶色、白いろう状のもので薄く覆われているためすぐ見分けがつきます。

こいつはアクが無いため、生でも食べられます。が、粉っぽいのでけして美味しくはありませーん。

さいごはこのおチビさん。

20101017173700

このどんぐりはいわゆるシイの実で、正確にはスダジイのどんぐり。

実は甘くてアクが無いため生で食べる事がきます。さらに美味しく食べるには少しフライパンで炒って、塩をふりかけると一層美味しくなるみたいですよーー!


これで拾ってきた半分。

20101017185535

てゆーかオヤジ、拾ってきすぎだろ・・・。(笑)


今日の一曲
静かなココロ/ううじん

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2010年10月15日 (金)

守宮

今朝の出来事です。

いつも通り私が雨戸を開けていると、窓にペタッと張り付いているヤツがいました!

守宮(ヤモリ)です!

20101013072132

ちっこいヤモリは、使ってない植木鉢やブロックの間なんかでよく見かけていましたが、こいつはデカイ!!

10センチくらいありました!

こいつはニホンヤモリですかね。

私が子供の頃にはこの辺(湘南近辺)にはヤモリなんていなかったんですけどね〜。

やっぱり、温暖化とかの影響で北上してきているんでしょうか。

聞いた話ですが、なんとクマゼミが横浜や横須賀、東京23区でも発見されたとか!

しかも、うるさいぐらいいたアブラゼミが減って、クマゼミが増えてきているとか!

地球温暖化、ヤバいっすね。

といっても、クマゼミに関しては温暖化がすべての原因ではないようです。

樹木の移植の際に根の周囲に幼虫が混入しているという説や樹木環境の変化を挙げる説もあり、全てが地球温暖化が原因であるとは断言することはできないらしいです。

むしろ京都市ではクマゼミの全体数の減少を示すデータや産地の減少が確認されているらしいんです。

他にも、野鳥の捕食が関連するという説もあります。
これはクマゼミとアブラゼミの天敵回避方法の違いによるもので、アブラゼミは近くの樹木に隠れる習性があるんですが、クマゼミは木には隠れないで遠くへ飛んで逃げるため、樹木の少ない都市部ではアブラゼミは逃避に手間取ってしまい、野鳥に捕食されやすいらしいんです。
それによってアブラゼミが減って、クマゼミが増えてきているとのことです。

まあ、ヤモリに当てはまるかはわかりませんが、ヤモリの北上も温暖化以外の何かしらに原因があるのかもしれません。

20101013072205

ちかくで見るとなんとも可愛らしい顔をしていますね〜♪


今日の一曲
五十音/SUPER BUTTER DOG

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2010年10月14日 (木)

購入して3週間

ウスコモンサンゴを購入して3週間が経過しました。

白化しているところもないし、調子いい感じっす!!

しかも少し成長してるっぽいですよーーーー!

3週間前はこんな感じ。
20100919202634

そして今、現在。
20101013211354

横から。
3週間前。
20100919202533

そして今、現在。
20101013211423

なんか成長してますよねーーー!

3週間でこれだけ成長するんですねーーー!

えっ!どこが成長したか分からないって!?

まあ微妙な成長ですからね〜。

成長しているかどうかはさておき、白化することもなく調子が良い状態が保てているので一安心です。

このまま何事もなく、すくすくと育ってほしいもんですねーー!


今日の一曲
BIG ME/FOO FIGHTERS
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2010年10月13日 (水)

ハイドール・フロー 回転式ディフレクター 壊れる

タイト通り、ハイドール・フロー 回転式ディフレクターが壊れました。

ハイドール・フロー 回転式ディフレクターというのは、付属のアダプターを用いてポンプやフィルターの吐出口に接続することができる回転式ディフレクターです。ギアシステムを通過して押し出される水流により、ディフレクターは360°回転します。ディフレクターから出る水流は、水草やイソギンチャク、サンゴを自然環境に近い状態で揺らすリアルな波効果を作り出します。水面のガス交換が促進され水槽内への酸素供給量が増加します。また、ガラス面に付着する白線の発生を防ぐことができます。
っていう、画期的な商品なんです。

でもって、そのハイドール・フロー 回転式ディフレクターですが、水槽立ち上げから1年、共に戦ってきた戦友でしたがついに・・・。

前々からあやしい動きはしていたんです、ぴくっぴくっ、って変な動きをしたり、数秒止まってみたり。

そのときに分解して掃除してあげてたら、こんな事にはならなかったかも。

完全に止まってしまい、掃除をしてもう一度セットしてみましたが、だめでした。

外側は石灰藻がびっしり!

20101009231817

分解してみると、中もこんなに茶色くて固いモノがびっしり!

20101009231912

固めのたわしできれいに落としましたが、努力虚しくだめでした。

で、お店に行って新品を購入!

20101009232016

早速、取り付けてみましたが、動きがちがう!

さすが新品!スムーズ!スムーズ!

20101012190829

これで安心。我が家の海が守られました!

ちょっと、フローが止まっただけで水の流れが一定になり、水槽内に淀みができてしまいコケや藻の原因になってしまうんですよね〜。

サンゴにとっても一定の水流はあまり良くないですからね〜。

NEW ハイドール・フロー、 今後の波作りは任せたぞ!!

にしても、1年で壊れるなんて早くね〜。

ハイドールの製品て壊れやすいんかな?

いや、すんません。オレの手入れ不足でした。


最後に、水槽内を上から激写!!

20101012195602

ハイドール・フローによって作り出された波に揺らめくサンゴが、なんとも幻想的です。


今日の一曲
I dedicate D chord/toddle

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2010年10月12日 (火)

カマキリさん

今朝、かみさんの実家でカマキリを発見!

20101011101955

どこにいるか分かりましたか?

下からだとこんな感じ。

20101011102426

こいつは大きさ、腹の膨らみ方からしてハラビロカマキリですかね〜。

ハラビロカマキリの両腕にはしろい点が3つずつと、前羽にも白い斑点模様が1対あるのも特徴ですね。

カマキリは日本に10種類もいるんですよね!

見つけたらまた記事にしたいと思いまーーす♪

最後に威嚇ポーズのハラビロカマキリくん。

20101011101500

今日の一曲
自問自答/ZAZEN BOYS
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

2010年10月11日 (月)

ディジュリドゥ

今日はきのうから降り続いていた雨もあがり、気持ちのよい晴れ間も出てきたので、ディジュリドゥ片手に河原へ行ってきました。

ディジュリドゥのことを書くのは初めてなので、まずはディジュリドゥとは何なのか説明いたします。

ディジュリドゥ(Didgeridoo またはDidjeridu) は、5~6万年前からオーストラリア大陸で生活していたといわれる先住民アボリジニが今から1000年以上も前 (2~3万年前という説も)から使い始めたと言われる楽器です。世界最古の管楽器ともいわれていて、伝統的には儀式や祭事の時に、ソングマンの唄の伴奏の楽器として使われています。
シロアリが内側を食べて空洞になったユーカリの木を加工して作られています。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ↓
http://www.dinkum-j.com/DIDGE/what.html

私は新婚旅行でオーストラリアに行ったときに購入してきました。

これが何とも言えないいい音なんです。

川の流れに音をのせて吹いていると、無心になれて心が落ち着く気がします。

今日は近くにいたカモたちが間の手を入れてくれたりして、なかなか楽しい演奏会でした。

夏場の夜に池のほとりなどで吹いたりすると、ウシガエルが大合唱をはじめたりして、なんだか自分が自然の一部になれたような感じになれるんです。

シンプルですが奥が深く、めっちゃ良い楽器です!!

20101010125906


今日の一曲
BUSH FIRE/GOMA

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

2010年10月10日 (日)

友人宅水槽訪問

今日は仕事の後、ガキの頃からのツレであるT君宅へ行ってきました。

彼も海水魚の水槽をやっていて、「最近なんか調子が悪いから見に来てくれないか!」てな感じで今日は調子の悪さの原因を探りに行ってきたわけなんです。

とりあえず、水槽全体を見た感じとしてはそんなに悪い感じはしませんでした。

20101009204021

バブルコーラルがかなり大きく開いているし、オオバナサンゴも一回り大きくなってるし、なんか調子良さそうな感じ?

でもよく見てみると、ナガレハナサンゴやアワサンゴは小さく縮こまっていて元気がなさそうで、スターポリプに至っては完全に死んでしまっているようでした。

一体何が原因なんだ?

とりあえず、我が家からもってきたテスターで硝酸塩とリン酸塩をはかってみました。

結果、硝酸塩 5ppm  リン酸塩 2ppm

う〜ん、そこまで高くはないんだよな〜。

でも、水換えをしたばかりとのことだったので、水換え前はかなり高かった可能性があり!

もう少しマメな水換えを心がけた方が良いかも。

もう一つの原因としてプロテインスキマーがしっかり稼働してなかったと思われる。

レッドシーのエアリフト60を使用していたのですが、エアポンプが弱くて十分な泡が出ていなかった!

エアポンプを強力なものに変えた方が良いかも。

あと蛍光灯のわきが黒ずんできていたので、蛍光灯の光力が落ちている可能性あり!

そろそろ交換時期かも。

の、3つくらいが原因ではないかと、推測してみました。

改善されてより良い水槽になってゆく事を願っております。

にしても、バブルコーラルは元気だったな〜!

クサビライシもすげーキレイだったし!

クサビライシ↓
20101009204147

魚たちも元気いっぱいで、特にハコフグは水面から顔を出すほど!

20101009204541

可愛かったです。


そんな感じで、近くに海水魚水槽をやっている友人がいて、その話で盛り上げれるってのは良いもんです!

また時間があるときに見に行きますからね〜♪


今日の一曲
SEACH AND DESTROY/IGGY POP

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2010年10月 7日 (木)

グアム旅行記 vol.2

グアム旅行の記録、vol.2です!

二日目。

この日はココス島へ行くツアーです!
バスで1時間半ほど走ってココス島へ渡るフェリー乗り場へ到着。

ココス島へ出発!!

Img_5228

いや〜、やってきましたココス島!

Img_5229

青い空!この景色!最高ー!

とりあえず海でしょ!う・み!

シュノーケルの準備をして、いざ海の中へ。

Img_5237

海中は透明度が高く遠浅でしたが、タモンの海とは雰囲気がかなり違い、海ぶどうの様な海藻がたくさん生えていました。

ハードコーラルはほとんど見る事ができませんでしたが、写真のようなトサカ系のソフトコーラルが点々としていましたが、やはり海藻がメインという感じです。

P1000197

海中に張ってあったロープにも海藻が繁り、魚たちが集まっています。

Img_5252

こんな魚も!カエルウオの仲間かな?

Img_5242

ココス島は海の中よりも砂浜からの景色がきれいで、気がつくとシャッターを切っていました。

こんな景色や

Img_5269

こんな景色も

Img_5267

絵になる絵になる!


カニがいたんですよ!手のひらサイズで、動きがメッチャ速いカニが!!

Img_5266

動きが速くて写真とるのが大変でした・・・。

島の木には鳥がたくさん巣を作っていました。

Img_5275

グアム島には鳥がいないらしいんです。

なんでも、外国から入ってきたヘビが大繁殖し、鳥たちを餌にしてしまった為に、いなくなってしまったらしいんです。

そのヘビたちの襲撃を回避できたのがココス島で、今では鳥たちの楽園になってるみたいですよー!

こりゃ、ココス島にヘビを持ち込んだらエラいことになりそうですね。


さてさて、こんな感じで一日が過ぎて行きましたグアム旅行二日目!

最終日の話はまた後日。

ではでは、また〜。

ココス島キレイだったな〜♪

Img_5287

今日の一曲
AIMS/SPECIAL OTHERS
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村