フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

またまた 新メンバー

またまた我が家の水槽に、新メンバーが加わりました。

タコアシサンゴ・ブランチタイプ!

先週スターポリプを購入しましたが、そのときショップにいたタコアシサンゴブランチが、気になって気になってしょうがなっくって、どうしょうもなくなって、次の日にショップに電話して、取り置きにしてもらったんです。
それをきのう仕事帰りに購入してきました。
ちなみにショップは、私がガキの頃からお世話になっている、アクアリウム・アゴラです。

購入した個体はこんな感じ。

20091129210037

ポリプのベースはメタリック・グリーンで先がパープルのとてもキレイな個体です。

ぱっと見、2個体に見えますが、大きい個体と小さい個体が2個で1組になってて、実は4個体もついているんです。

てゆーか、ブランチってなんやねん?

ってことで、ググってみましたところ、1つ1つのポリプが枝分かれしているタコアシサンゴのことを、ブランチって言うらしいです。(あやしいな…。)

強い水流には弱いようで、うちの水槽で大丈夫か気がかりでしたが、見事にポリプをひろげてくれました♪

ぐ〜っと近づいて。

20091129224156

やばい!
めっちゃキレイ!!

やっぱり、水に揺らめくサンゴは良いですね〜♪

この良い状態を保ち、さらに成長させてあげたいですね。
がんばるぞ〜!!

今日の一曲
BATTERY/METALLICA
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月25日 (水)

江ノ島 採集記

先日から妹夫婦がこっちに遊びに来ていて、一緒に出かけることになり、カミさんとうちのチビも連れて、久しぶりに鎌倉食べ歩きツアーへ行ってきました。
ハチミツソフトクリームにはじまり、ピロシキ、シラスたこ焼き、ソーセージなどなど、たらふく食って帰路へ。

まっすぐ帰るわけもなく、まあ〜、私の趣味に付き合わせた感じですが、江ノ島の磯場へ Let's go!

雲っていたので寒かった〜。
私ひとりで腕まくって、潮溜まりに手を突っ込んで、採取開始です。

20091124134717

季節のせいか、生き物の姿がほとんどありません…。
それでも私は諦めず、寒い磯場で手を突っ込みまくりました。

徐々に生き物の姿が…、見えてきました!

まず捕まえたのがホンヤドカリ。
ちっこいのが4匹採取できました。

20091124222710

そして次に採取に取り掛かったのは、タテジマイソギンチャク。
すげーいっぱいいたんですが、岩から離れてくれず、採取断念。
でも諦めきれずに頑張ってみましたが、あまりに取れないので、思い切り力を入れたら…。
うわぁ〜、下の方がちぎれてしまったー!

ダメかな〜と思いながらも、一応、持って帰りました。

水槽に入れてちょっとすると…。

20091125111828

おー!
しっかり岩の間に入り込んで、ポリプ出してるじゃないですか!

あとは、マツバガイを2匹とニシキウズガイの仲間を3匹、あとは〜、
そんなところですかね。

うーん、採り足りない!!
あまり時間がなかったので、今度はゆっくりと採取しに行こうと思いまーす。

採集してきた生き物達は30cmキューブに入っていただきました。
30cmキューブは採集用水槽になりそうな感じです。

磯の生き物が入った水槽を眺めていると、クボガイの背中に乗って移動しているホンヤドカリくんを発見。
なんだか癒されました。

20091125134015

なかなか笑えます。

さてさて、次の採取は春先に決定!
もっと勉強して、もっといろいろな生き物達とバトルせねば!!
ウミウシ関係とかいいな〜♪

楽しみです。

今日の一曲
New Born/MUSE
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月24日 (火)

新メンバー

新たにサンゴを購入しました!

王道ですが、スターポリプです。

メインタンクに入れてすぐの、ポリプが出ていない状態。

20091122192040

1〜2時間してちょこっとでてきました。

20091122215525

ポリプはグリーンで、ポリプの中心の口盤が白のスポットになっているタイプ。

まだご機嫌斜めなのか、ちょびヒゲじょうたいです。

接近すると。

20091122215820

キレイですね。

スターポリプについて少し調べてみました。
和名『ムラサキハナヅタ』
丈夫なサンゴで入門種としてビギナーに勧められることが多い。
条件が合えば爆発的なスピードで増殖する。
毒性は強く、比較的毒性が強いとされるハナガタサンゴなども、スターポリプには負けてしまう。
そのため増殖のスピードとレイアウトには注意したい。
なるべくスタープリプのまわりには、サンゴを置かない方が無難。

と、こんな感じでした。

スターポリプって毒性強かったんだ〜!
はじめて知った!!
またひとつ勉強になりました。

なんだかんだで、だんだんサンゴが増えてきました。
いままで購入したサンゴやイソギンチャクは、かなりいい状態。

スターポリプ君にも、はやく機嫌直してもらって、ポリプ全開の姿を見せてもらいたいもんです。

今日の一曲
ハンキーパンキー/ハナレグミ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月22日 (日)

新たな試み

ずいぶん前の話になりますが、以前に行った沖縄の写真を眺めて、いてひらめいたことがあります。

現在、うちの水槽はメインタンクの汚れは、メインタンク内のライブロックとライブサンドのバクテリア等によって分解され、その飼育水はオーバーフローにより下の海藻タンクに落ち、バクテリアの汚れの分解によって生産された栄養塩(硝酸塩・リン酸塩など)は、海藻タンクの海ぶどうの成長に必要な養分として吸収してもらう、というシステムで保っております。

まあ、サンゴ飼育にあたって重要な栄養塩の除去に、海藻タンクがかなりのキモとなっています。
言い換えると海藻に委ねきっている状態。
なんかのきっかけで、海ぶどうの状態が悪くなったらやばいんです。
多分そんなことはないとは思うのですが。

でも、念には念を入れて、さらなるに海藻タンクの強化をすべきではないか。そう考えたところ、冒頭の沖縄の写真の話に戻ります。
ひらめいた写真とはマングローブ林の写真。
マングローブも水質浄化の作用が見込めるんじゃないか?

しかもマングローブは木。海藻とはまったくつくりも生態も違います。
海藻にはない良い事もあるかもしれません!

マングローブの生態は、干満によって海水が入ってくる入り江や干潟に根をはり林を作っています。
海水が出入りして淡水と混じり合い、マングローブの根に棲む様々な生物、干潟の泥などによって、清浄かつ栄養の豊富な水が作られている。はずです。
あくまで私の憶測です。
が、多分そんな感じなんだと思います。

そこで、考えてみたのがマングローブ濾過!
海藻タンクにマングローブを植えてはどうかと、思ったんです!

ネットで調べたところ、結構やってる人がおりました。

なんかそれを、そのままやるのもなんなんで、さらにパワーアップ!
干潟を作ってしまうという考えです。
干潟タンク!!

メインタンクの飼育水をポンプで干潟タンクへ。
そこでオーバーフローした水は海藻タンクへ落ちる。という仕組み。

干潟タンクには泥を使うので、その泥に含まれる微粒元素の恩恵も受けることができそうです。
プラス、マングローブによる水質浄化。
海藻タンクにはいないバクテリアやプランクトンを得る事ができる。バクテリアやプランクトンの多様化。

なんだか、かなりの恩恵が望めそうな干潟タンク。

ただ、もう一つ水槽を増やすには障害が…。
妻です。
絶対に許しは出ないでしょう…。

でも、望みは捨てずにマングローブの種は購入。
今は空き瓶で成長を見守っています。

20091121233539

ちなみに水は水槽の水換えに出た水を使ってます。

一本はだいぶ前に双葉が出て、もう一本ももうすぐ開きそうな感じ。

20091121233620

この子達と共に、干潟タンクを作る日は来るのでしょうか!

とにかく妻を説得せねば…。

今日の一曲
the d.elkan/HELLA
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月19日 (木)

どわぁーーー。

今朝、
寝床から起きてきて水槽を覗いてみると。

サンゴイソギンチャク大移動です。
危うくアワサンゴに触れるところでした。
急いでアワサンゴを移動させ会社へ。

そして、22:00帰宅。
どわぁーーー!
またしてもサンゴイソギンチャク大移動!!
しかもアワサンゴに触れてしまっているぅーーーー!

20091119220043

触れてます。

20091119220021

完全に。
触れてます…。

大丈夫なのか? アワサンゴ。
なんか、大丈夫そうだな。 しかっりポリプ出してるし。

でも念のため、アワサンゴ移動。
チヂミトサカもでかくなってきたので後ろに移動。

つーか、サンゴイソギンて毒無いの?
無いわけないから、すごく弱い毒なのかな?
それともアワサンゴが強いのか?
サンゴやイソギンチャクの、毒の強さ早見表とかあったら便利ですよね。
でもわざわざサンゴ同士をくっつけて、どっちの毒が強いかなんてやる人いませんよね。(笑)

いやー、まったくサンゴイソギンチャクの大移動には、毎回肝を冷やされます。
この場所で落ち着いてくれんもんかね。

最後にミズタマハゼのホバリング。

20091031224821


今日の一曲
MOON IN JUNE/Soft Machine
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

なかなかいい感じ

今日は一週間ぶりの水質検査の日です。
結果はこんな感じでした。

pH :7.9
KH :7
Ca :400ppm
硝酸塩  :0ppm
リン酸塩 :0ppm

なかなかいい感じです。
硝酸塩もリン酸塩も0ppmをキープしております。

20091118232338

ここで問題が。
えひめAIです。
硝酸塩もリン酸塩も0ppmがキープできているのに、添加すべきか否か。
えひめAIは完成しているのですが、悩みどころです。
うーん、どうしよう。

あとは、CaとKHとpHがちょっと低めです。
Caリアクターの製作に取り掛からねば!!
リンクしていただいている、masaxさんのドライリアクターを参考に作ってみようと思います。
週末は部品集めに行ってくるか!

なんにしても水槽の調子、なかなか良さげ。
チヂミトサカもでかくなってきた!

20091117225008

かなり伸びてきたな〜。
ミズタマハゼのばふばふで、水は濁ってますが。(笑)

この調子でいい状態を保ちたいと思います。


あ、えひめAI・・・。

今日の一曲
ビートルバーナー/MO'SOME TONEBENDER
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月16日 (月)

海ぶどうの経過

成長した部分が白化する現象が起きていた、うちの海ぶどうですが。
前回のブログから2日、変化が起こりました。

成長したてっぺんが上だとすると、下の方からだんだん緑色になってきた。

20091116225202

2日前には真っ白だったふさの部分が、下の方から緑色になってきているのがわかります。
しかも、ふさが少し大きくなっている。

これはどういう事なんだろう?
照明を変える前にはこんな成長を見せなかったんです。

照明を変えて光が強くなり、成長が促される。
成長が促されると、成長したところがはじめは白い状態で成長し、後から緑色になってくる。

これは、成長が早くなるのはいいけど、海ぶどうの中で葉緑体の生産が間に合っていないってことなのかな?
それなら納得がいきますね。
根元の方は緑が濃くなってる気もするし、海ぶどうとしては調子いいみたい。
成長のしすぎってことかな。
人間で言う、成長期に起きる成長痛みたいなもんですかね。
そんなに気にする必要もなさそうです。

まあ、あくまで憶測ですが。

にしても、海藻タンク。
すでにジャングル状態です。

20091116225234

そして、今日のメインタンク。

20091115220151

まだまだ淋しい感じ。
もっとサンゴ増やしたーーい!

今日の一曲
Nobody weird like me/RED HOT CHILI PEPPERS
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月15日 (日)

サンゴの白化ならぬ・・・

海藻タンクの照明を変えてほぼ一週間。
はじめのうちは気泡をだして、すくすくと成長しているのが手に取るように分ったのですが、2〜3日前から様子がおかしい。

サンゴの白化ならぬ、海ぶどうの白化です。

一体何が原因だ?

光が強過ぎ?
いいや、自然界ならもっと強い光を浴びているはず。

水質悪化?
いいや、それもないだろう。
硝酸塩、リン酸塩ともに0ppmをキープしているし、問題ないはず。

ん・・・。
まてよ。
硝酸塩、リン酸塩0ppmってことは、海ぶどうにとってはツライ状態なんじゃないの?
そうですよねー、うちらにしてみればご飯が食べれないみたいなもんですよね〜。

スキマーの設置で、栄養分の硝酸塩、リン酸塩になる前にある程度除去されてしまっているってのも、ありますよね〜。

どうしましょう。

20091115073341

こんな感じで成長したところが白い感じなんです。

でもとりあえず白化は先端の方だけなんで、様子を見る事にします。

20091115073451


こんな感じで下の方は元気なんです。

でもまあ逆に、硝酸塩、リン酸塩を0ppmに保つのにまだまだ余裕があると考えれば、良い事ですもんね。
まだ生体を追加しても大丈夫だ!!

ということで、海藻タンクはとりあえず様子見ですね。

今日の一曲
GOOD MORNING/SPECIAL OTHERS
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月13日 (金)

マメスキマーもどき完成!

以前から作ろうと考えていた、プロテインスキマー。

それが遂に完成しました!

じゃーん!

Photo

参考にしたのはマメデザインのマメスキマー3。

はじめはマメスキマーを購入しようと考えていたのですが、マメスキマーの値段を見て、即、却下!

いくらガラスでできてるからって、高すぎだろーーー!

ほとんどただの筒じゃん。

こんなのアクリルパイプと塩ビ管で作ってやる!!

ってことで完成しました。

 

早速、水槽に設置。

Photo_3

綺麗な泡が立ち上ってます。

エアレーションとしての効果もきたいしてのスキマー設置なので、これで課題は1つクリヤー。

あとはちゃんと汚れが取れれば問題なしです!

それも、心配いりませんでした!

一日たってみると。

Photo_4

溜まってますね〜、汚れが!!

なかなかの性能です。

うちの水槽ならこのスキマーで容量的にも問題なさそうだし、なによりコストがかからないのが一番のメリットですね。

合計しても¥1500弱ほどで製作できてしまいましたからね〜。

この値段でこの性能なら文句なしです!

自分ながらに、グッジョブでした!

 

今日の一曲

Moon River/Ono Lisa

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2009年11月11日 (水)

水槽=海

マリンアクアリストの最終目標は、やっぱり我が家の水槽を"小さな海"に作り上げることだと思います。
例外もあるとは思いますが、自分の中ではそれが一番の目標です。

そこで、最近思ったことなんですが、アクアリウムやっていると、ごくごく普通に水槽に足し水をするじゃないですか。
きのうも比重を見ながら足し水をしていたんですが、なんだかちょっと引っかかりました。
普通、足し水は浄水器などを通して、温度を合わせ、比重を見て水槽に注ぎ込みますよね。
まあ、うちには浄水器なんて代物はないので水道水を中和したものをぶち込んでいますが(笑)。

そこでちょっと引っかかりました。
海を創る為にやっているのに、なんだか簡単過ぎやしないか?

水槽=海
を実現するのに、足し水=水道水。
これじゃ〜なんだか腑に落ちない。
って、何言ってんだって感じですよね。
普通そんなこと考えないです。

何が言いたいかというと、水槽=海。
だったら足し水=なに?

自分の中では自然界での足し水にあたるものは、川、池、湖、雨。

湖や池から流れでた水には、海の生き物に必要な物質やら微生物が含まれてるんじゃないかと思うんですよ!
あくまで憶測ですが。

足し水=川、池、湖、雨

ってことで、足し水の為に、川、池、湖、雨を自宅につくり、それを足し水として使ってはどうかということなんです!

でも、作るっていってもな〜。
まず雨は作るもんじゃないしな〜。


池とか湖を再現してみたらいいかもしれない!

つーか、ビオトープ!
ビオトープいいじゃん!
まさにナチュラルシステムには、うってつけなんじゃないっすか!

ビオトープって淡水版ナチュラルシステムですもんね!
これオモシロそう!

pHの問題とかもあるだろうけど、淡水の微生物を海水に投入することにもなるし、なんかいいことあるかも!

まだまだ、企画だんかいですが、時間とお金に余裕があったらやってみようと思います。

今日の一曲
バビロン/ハンバートハンバート
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村